SWOT分析とは

SWOT分析とは|マーケティング用語集

SWOT分析は競争優位獲得のための自社セオリーを評価するフレームワークです。

本記事では、競争戦略フレームワークとしてのSWOT分析について解説します。なお、内容は主としてJ・B・バーニー著「企業戦略論(上)基本編 競争優位の構築と持続」を参考にしています。

SWOT分析とは

非常に成功した戦略セオリーは次の4つの条件を考慮したものであることが分かっています。

  • 企業の内部条件としての強み(strength)
  • 企業の内部条件としての弱み(weaknesses)
  • 企業の外部条件としての競争市場における機会(opportunities)
  • 企業の外部条件としての競争市場における脅威(threats)

企業がその強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)という視点に基づいて自社セオリーを評価するときその企業はSWOT分析を行っていることになります。

戦略セオリーとSWOT分析

強み(strengths)

SWOT分析フレームワークにおいて、企業の強み(strengths)とは、経済価値(または競争優位を)創出する経営資源とケイパビリティのことです。

たとえば、マイクロソフトはOS分野を活かしてアプリケーションソフトを制作する能力に強みを持ち、ディズニーは複数のエンタテインメント市場でキャラクターを生み出しそれを活用することに強みを持ちます。またウォルマート・ストアーズは競争の激しいディスカウント小売市場で効率の高い経営を行うことに強みを持ちます。

弱み(weaknesses)

SWOT分析フレームワークにおいて、 弱み(weaknesses) とは、その企業の強みがもたらす経済価値の実現を困難にするような経営資源やケイパビリティのことです。

たとえば、ウェスティングハウスの官僚的な組織や、機動性に欠けた企業文化は同社の経済価値を減少させた弱みです。ウェスティングハウスの官僚制度の弱みの悪影響は大きく、同社は事業部門のほとんどを売却。1997年にCBSコーポレーションと名を変え、1999年にバイアコムによる買収を経て消滅しました。

SWOT分析フレームワークにおいて、 機会(opportunities)とは、企業が競争上のポジションや経済的パフォーマンスを向上させるチャンスのことです。

機会(opportunities)

たとえば、フェデックスの創業者フレッド・スミスは、郵便物の宅配サービス市場を機会として利用しました。フェデックスはハブ・アンド・スポークシステムを使った翌日配達網の構築により機会を最大化、世界最大手の物流会社に成長しました。

脅威(threats)

SWOT分析フレームワークにおいて、 脅威(threats)とは、企業の外部にあり、その企業の経済的パフォーマンス低下させる個人、グループ、組織のことです。すべての企業は競争環境では脅威にさらされます。

まず企業が成功すればするほど、競合他社が成功の果実を奪い取ろうとし脅威にさらされます。また、欧州連合(EU)は2020年テック企業が欧州でビジネスを行うための厳格なルールを定めたEU競争法を発表しました。同法は巨額の罰金制裁や操業一時停止命令も可能で、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)をはじめとする大手テック企業にとっては大きな脅威です。

SWOT分析=戦略に対する問いに答えること

競争優位を生み出す戦略とはどのような性質を持っているのでしょうか。より具体的には、次のSWOTの問いに答えることです。

  • 企業にとって外部環境の脅威とは何で、その脅威はどうすれば無力化できるか (threats)
  • 企業にとって外部環境の機会とは何で、その機会とはどうすれば活用できるか(opportunities)
  • 企業の強みとは何であり、その強みはどうすれば活用できるか(strength)
  • 企業の弱みとは何であり、その弱みはどうすれば回避または克服できるか(weak)

(文責:プロジェクトファシリテーター、ロジカルシンキング講師 海老原一司)


(参考)関連記事まとめ

マーケティング

マーケティングの記事まとめです。

ニーズ

環境分析

環境分析の記事まとめです。

PEST
3C
SWOT

基本戦略(STP)

基本戦略(STP)の記事まとめです。

マーケティング・ミックス(4P)

マーケティング・ミックス(4P)の記事まとめです。

Product
Price
Place
Promotion

課題解決型 営業研修

課題解決型 営業研修の記事まとめです。