営業ヒアリング研修

超実践型 営業力強化研修 -プロ講師が個別商談アドバイス

営業研修講師の海老原です。

『超実践型 営業力強化研修 』は、受講者の顧客商談を題材にワークショップで進めます。プロ講師が3ヶ月商談個別フォロー。重点アカウント顧客を対象に実際にヒアリングから課題解決提案まで行う実践的な営業研修です。3回の講座はあくまでペースペーカー。3ヶ月間で仮説検証サイクルを回して顧客課題解決を目指す営業研修です。

営業研修(実践編)では、あらかじめ受講者1人1人に重点顧客を1社選定してもらいます。毎回の講座では基礎レクチャーののちニーズ仮説の個人別作成と講師フィードバック。次の講座までに実際に顧客ヒアリングで仮説検証。3ヶ月間ニーズ仮説検証を繰り返し課題解決提案を行います。スキルアップと実際の顧客攻略の一石二鳥を目指す営業研修です。

1.『超実践型 営業力強化研修』の特長

実践で使えるスキルを身につけるには、実践で学ぶことが早道です。よって、いわゆる座学、レクチャーは最低限にし、実践で学ぶ研修プログラムを作成します。

1-1.自分ごとのテーマ設定:重点顧客商談で営業研修

実務で使える営業スキルを身につけるには、差し迫った自分ごとの課題テーマで、事前学習、実行、フィードバックのサイクルを繰り返すことです。

超実践型営業研修では、受講者自身の重点顧客アカウントをテーマとして設定。3ヶ月のワークショップ期間で、実商談のヒアリングから提案までを講師が二人三脚でフォローします。

1-2.全商談個別指導:講師が全商談フィードバック

「自分ごとのテーマ設定」と合わせて重要なのが、商談状況に合わせた個人別指導です。

営業スキル基本レクチャー後は、自分ごとの重点顧客商談を題材としたワークショップで進めます。

1000件の商談経験を持つ講師が、一般論にとどまらず、実商談を進めることにこだわったディスカッションとフィードバック。「誰にどうヒアリングするべきか」「提案書はどんな構成でどんな文言を使うべきか」「今回の顧客の発言ニュアンスをどう解釈すべきか」と、いった個別具体的な商談のステップを進めることに徹底的にこだわります。

2.『超実践型 営業力強化研修』講座内容・カリキュラム

超実践型 営業力強化研修」の講座内容・カリキュラムなどを示します。

2-1.『超実践型 営業力強化研修』カリキュラム

  1. ソリューション営業とは
  2. ニーズとウォンツとは
  3. BtoBニーズの特徴
  4. ニーズヒアリングとは
  5. ニーズ仮説
  6. ニーズヒアリングによる仮説検証
  7. 提案概要作成
  8. 提案書作成

2-2.標準スケジュール(3ヶ月コース)

  • 研修対象顧客設定(Day1の2週間前)
  • Day1:ニーズ仮説設定
  • Day1~Day2の間(1ヶ月):ニーズヒアリング(仮説検証)
  • Day2:ニーズ仮説検証と改善、提案書概要作成
  • Day2~Day3の間(1ヶ月):ニーズ仮説検証(再)、提案仮説検証
  • Day3:提案書作成

講座日数と時間

  • 7時間(1日)×3日(リアル開催の場合)
  • 3時間(半日)×6日(オンライン開催の場合)

講座人数

  • 標準受講人数:6人
    ※ 受講者同士は、お互いにフィードバック可能な知見を持っていることが望ましい

3.超実践型 営業力強化研修 費用

営業力強化研修の費用をまとめます。

3-1.超実践型 営業力強化研修 費用(標準スケジュール)

  • 7時間 × 3日間(3ヶ月)
  • 3ヶ月間ワークショップ費用例
     30万円/日(税抜き)×3回=90万円(税抜き)
     ※ワークショップ3日間および中間提出課題の講師フィードバック含む

4.企業研修のお問い合わせ

(文責:プロジェクトファシリテーター、ロジカルシンキング講師 海老原一司)


(参考)「超実践型 営業力強化研修」関連記事まとめ

超実践型 営業力強化研修の関連ページをまとめました。