ポジショニングとは

ポジショニングとは|マーケティング用語集

マーケティング講師の海老原です。

マーケティング戦略基本方針はセグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの3つを決めることです。Segmentation(市場細分化)、Targeting(ターゲット設定)、Positioning(ポジショニング設定)の頭文字をとってSTPともいいます。

STPを中核に戦略立案するのがSTPマーケティングです。

本記事では、ターゲティングについて解説します。

1.ポジショニングの位置づけ

マーケティング戦略策定の流れを示したのが次の図です。

ポジショニングの位置づけ

マーケティング戦略立案の大きな流れは、診断→基本方針→行動計画の3つです。ポジショニングは基本方針(基本戦略)決定の一部です。

戦略策定プロセスごとのフレームワークを表にまとめます。

戦略基本3要素戦略策定プロセスフレームワーク
診断環境分析PEST分析、3C分析、SWOT分析
基本方針基本戦略(STP)セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)
行動計画マーケティングミックス(4P)Product(製品戦略)、Price(価格戦略)、Place(チャネル戦略)、Promotion(プロモーション戦略)

2.ポジショニングとは

マーケティング基本戦略は、STPで表されます。STPとは、セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の3つの頭文字をとったものです。

ターゲットは「どの顧客を狙うか」を決め、ポジショニングでは「顧客脳内での自社の位置づけ」を決めます。

ポジショニング

ターゲットは顧客で物理的に存在するもの。一方、ポジショニングは顧客の脳内イメージで、物理的に存在しません。

3.STPと4P

4Pとは

戦略の基本3要素のうち「行動計画」にあたるのが、マーケティングミックス(4P)です。

4Pとは、Product、Price、Place、Promotionの頭文字をとったものです。製品、価格、流通、プロモーションの4Pは、行動計画・実現手段を整理するのに最適なマーケティングフレームワークです。

STPと4P

ターゲットとポジショニングは、マーケティング戦略の「誰に(Who、To Whom)、何を(What)」提供するかを規定します。STPの具体的な実現手段(How)を規定するのが4Pです。

(文責:プロジェクトファシリテーター、ロジカルシンキング講師 海老原一司)


(参考)関連記事まとめ

マーケティング

マーケティングの記事まとめです。

ニーズ

環境分析

環境分析の記事まとめです。

PEST
3C
SWOT

基本戦略(STP)

基本戦略(STP)の記事まとめです。

マーケティング・ミックス(4P)

マーケティング・ミックス(4P)の記事まとめです。

Product
Price
Place
Promotion

課題解決型 営業研修

『課題解決型 営業研修』の記事まとめです。