ロジカルシンキング研修受講者感想

『超実践型 営業力強化研修』受講者感想まとめ

超実践型 営業力強化研修受講者の感想をまとめました。

超実践型 営業力強化研修は、自分の営業商談を課題として行う実践型の研修です。受講者の商談を実際に進めるために講師は、レクチャーのみならず、ヒアリングの仕方から提案書作成まで全商談に個別指導を行います。

超実践型 営業力強化研修』受講者感想まとめ

超実践型 営業力強化研修』を受講した方の感想をまとめました。

研修感想:営業活動に対する視点の変化

「現在自社は売上重視から利益確保という方向で舵を切っています。
高利益率商品を販売するためには、今回の営業実践研修の考え方は必須であると考えています。
非常に参考になる研修です。」(メーカー営業担当者)

自分の顧客先の情報はわかっているつもりでいました。しかし、思った以上わかっていないことが多いということを痛感させられました」(メーカー営業担当者)

「『ウォンツとニーズの分類の理解が不十分であること』『DMUマップ作成により、顧客内でまだまだ会えていない人が多いこと』の2つに改めて気づけたことがよかったです。早速実践していきたいと思います。」(メーカー営業担当者)

まだまだ各論で商談を進めていることを痛感した。
本研修を通して上層部の俯瞰的な考え方を把握することを習慣づけなければならないと感じた
」(メーカー営業担当者)

今までの拡販活動の取り組み方を見直す良い機会になった。(メーカー営業担当者)

研修アンケートより受講者感想を引用

研修感想:営業ヒアリングについて

まだまだ各論で商談を進めていることを痛感した。
本研修を通して上層部の俯瞰的な考え方を把握することを習慣づけなければならないと感じた
」(メーカー営業担当者)

「直近の販売対象だけでなく、全体像を掴むことが大事だと感じた。
工場では、ある1工程のコストダウンが製造プロセス全体に影響を与えることで効果的な提案ができることを学んだ」(メーカー営業担当者)

「商品性能の良し悪しやイニシャル単価は、現象を表しているだけ、と感じるようになりました。
それが顧客に何をもたらすのか、また、その効果も目的や時期など背景が合っていないと、お客さんも聞く耳をもちにくいのかなと感じるようになりました。

課題は何か?、と聞くだけではなくて、聞いたことから課題を推測して膨らませていくと、より「顧客第一」にたったものに近づけるのでは、と思いました」(メーカー営業担当者)

「客先へのヒアリングもこれからより一層多くなりますが、下手をすると面談で質問攻めとなってしまいます。少ない回数で最大限の情報を引き出す方法について考えるようになりました。良い兆候だと考えています」(メーカー営業担当者)

研修アンケートより受講者感想を引用

研修感想:営業提案について

「これまでのニーズヒアリングが具体的な提案へと繋がっていく流れが分かりましたFABE分析は早速実践に活用していきたいと思いました。客先の経済合理的価値が見出せるように心がけて提案をします」(メーカー営業担当者)

「提案書は、これまでのニーズヒアリング~FABE分析の結果をもとに作成するだけではないことが分かった。提案書のターゲットや目的を何にするかで、説明すべき内容が大きく変化することが分かりました。」(メーカー営業担当者)

研修アンケートより受講者感想を引用

研修感想:講師について

「実商談を進める意味では、自分が思い描いていた進捗にはなりませんでしたが、そんな状況にあっても柔軟に指導して下さり非常にありがたかったです。」(メーカー営業担当者)

研修アンケートより受講者感想を引用

(文責:プロジェクトファシリテーター、ロジカルシンキング講師 海老原一司)


(参考)「超実践型 営業力強化研修」関連記事まとめ

超実践型 営業力強化研修の関連ページをまとめました。