MECE

MECE(ミーシー)具体例と使い方:モレなくダブりなく分けるとは

ロジカルシンキング講師の海老原です。

ロジカルシンキング基本フレームワークの一つがMECE(ミーシー)です。日本語ではモレなくダブりなく。MECEはシンプルな概念ですが、使いこなすには深い理解が必要です。本稿ではMECEの定義、使い方を具体例付きで解説します。

1.MECE(ミーシー)とは

MECE(ミーシー)は「Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive」の略です。「モレなく、ダブりなく」ともいいます。つまり、必要な要素を網羅している、かつ重複がないようにする考え方です。

MECEを意識することで、全体像を正しく捉え、問題解決に活かすことがデキます。

1-1.MECEの具体例

MECEとは何か。具体例で見てみましょう。

MECEMECEでないモレとダブり
男性、女性男性、女性、子供ダブりあり
20歳未満、20代、30代、40代、50代以上20代、30代、40代、50代以上モレあり
MECE具体例

1-2.MECEはダブりがない

ダブりの有無によるMECE具体例です。

MECE具体例(男性、女性、子供)
MECE具体例(男性、女性、子供)

「男性と女性」という分け方はダブりがありません。MECEな分け方と言えます。

一方、「男性、女性、子供」という分け方はどうでしょう。子供には、男性の子供もいれば、女性の子供もいます。言い換えると「男性かつ子供」「女性かつ子供」があり得ます。ダブりありなので、MECEではありません。

1-3.MECEはモレがない

次にモレの有無によるMECEの具体例です。

MECE(モレあり、モレなし)
MECE具体例(世代別)

「20代、30代、40代、50代以上」。消費者向け商品企画では、ターゲット検討にこのような世代別分類がよく使われます。MECEの視点でみると、この分類方法では「20歳未満」が考慮されていません。モレありなので、MECEではありません。

2.MECEとは分け方、分類の指針

「分けるはわかる」という言葉があります。物事を分けること/分類することは、わかること/理解することと同義であるという意味です。ロジカルシンキングの本質の一つが「分けること」「構造化すること」です。

MECEはフレームワークやツールの1種との考え方もありますが、枠組みを示すものではありません。物事を分け、構造化するにはロジックツリーやピラミッドストラクチャーのようなツールを使います。

MECEはロジカルシンキングのツール使って分けるとき、分類するときの指針といってよいでしょう。

2-1.ロジックツリーとMECE

ロジックツリーはツール、MECEはツールを使うための指針と述べました。例を使って解説します。

ロジックツリー具体例

消費者を「性別」「年齢」の2段階で分けたロジックツリーの例を示します。

ロジックツリー例

ロジックツリーの1つ1つの階層をMECEにする

ロジックツリーでは、複数の階層で対象を分解していきます。例では、性別と年齢別の2階層で分類しています。

このとき、「1つ1つの階層を厳密にMECEにすること」がロジックツリー作成のポイントです。各階層が厳密にMECEであれば、どんどん深掘りして分解することができます。しかし、途中の階層でモレやダブりがあるまま、階層を深くしていくと大きなモレや大きなダブりにつながってきます。

ロジックツリーを使った構造化を高い精度で行うための指針がMECEです。

2-2.ピラミッドストラクチャーとMECE

ビラミッドストラクチャー作成ではMECE感が重要です。

ピラミッドストラクチャー具体例

「自社が自動車部品市場に参入すべきか」という論点に対するピラミッドストラクチャー例です。

ピラミッドストラクチャー例

ピラミッドストラクチャーはMECE感が重要

ロジックツリーではMECEをできるだけ厳密に適用します。一方、ピラミッドストラクチャーではMECE感を意識するのがコツです。つまり、MECEに気を配りますが、多少のモレ、ダブりは許容することも必要です。

例えば、先のピラミッドストラクチャー具体例では、第1階層を市場、競合、自社の3Cで分類しています。3Cは全体像を掴みやすいフレームワークですが、分類に厳密性はありません。1つの情報が解釈次第で、市場と自社の両方に分類されることもあります。つまり、3Cは厳密にはMECEではありません。

ピラミッドストラクチャー作成の目的は、相手にわかりやすく納得感を持って伝えることです。厳密にMECEを追求すると伝えるべき要素がどんどん増えます。要素が多すぎると聞き手が説明意図を掴みにくくなります。例えば、「自社は自動車市場に参入すべきです。理由は15個あります。」と伝えたら論理が正しかったとしても伝わりません。ピラミッドストラクチャーは、聴き手が「大体モレもダブりもなさそう」と思うMECE感を意識して作成します。

3.MECEに考えるためのフレームワーク

ロジックツリーやピラミッドストラクチャーで分けるための指針としてMECEを使うことをおすすめしました。しかし、世の中には元々MECEを考慮して作成され、かつ比較的汎用に使えるフレームワークが存在します。MECEなビジネスフレームワークをいくつか紹介します。

なお、注意点としてフレームワークはMECEとは限らないことを指摘しておきます。フレームワークとは、分析などのノウハウを汎用的に使える枠組みとしてシンプルにまとめたもの。厳密性より覚えやすいこと使いやすいことを重視しています。よって、フレームワークはMECEを意識して作られているが厳密にいうとモレやダブりがあることがある。ビジネス実務では、モレやダブりは運用しながら柔軟に対応することになります。

3C分析

3C分析とは、市場、競合、自社の視点で業界を網羅的に把握するフレームワークです。3Cは、Customer、Company、Competitorの頭文字を取ったものです。

3C分析とは


(文責:プロジェクトファシリテーター、ロジカルシンキング講師 海老原 一司)


■ロジカルシンキング研修関連記事まとめ

ロジカルシンキング研修の関連記事です。