論理的な文章の書き方添削編

ロジカルシンキング練習問題解答例|論理的な文章例文と解説

ロジカルシンキング講師の海老原です。

個人指導型のロジカルシンキング研修で、年間200課題以上を添削し解答例を作っている海老原が練習問題を徹底解説します。

1.ロジカルシンキング練習問題と解答例

私がロジカルシンキング講座で使っている課題を再掲します。続けて挑戦者のYさんの解答例を示します。

ロジカルシンキング練習問題(論理的な文章の書き方)

ロジカルシンキング練習問題の文章です。

あなたはある商品の営業担当者です。
 現在あなたはA社に定価100万円の商品Bを提案中です。あなたは、定価100万円の商品Bを値引きして60万円で販売したいと考えています。
 しかし、商品Bを100万円から60万円への値引きは、担当者である、あなたの決裁権限を超えています。そのため、あなたは上司であるTマネージャーを説得しなければいけません。
 Tマネージャーに対して、100万円のサービスを60万円に値引き提案の承認をもらうための「説得の文章」を作成してください。
 なお、前提はある程度自分で設定してかまいません。

ロジカルシンキング練習問題:Yさん解答例

ロジカルシンキング練習問題のYさんの解答例です。

【ご相談】A社へのB商品導入について
Tさん
 B商品を40万円値引きの60万円でA社に販売したいです。【
下記、内容ご確認いただき、承認をお願いいたします。
承認いただければ、即日で契約可能です。
 【利益】
合計:1000万円
売上:6000万円(60万円×100個)
原価:5000万円
 【納期および製造】
6月末まで。
外注先の製造現場には、納期確認済み。
 【支払い・入金の予定】
共に7月末に支払い・入金予定。
 【状況】
B商品の提案にあたり、E社とのコンペになっています。
競合のE社製品は、性能、機能共に同じで、提案単価が62万円です。
E社とA社は長い付き合いがあるが、仕入れルートを増やしたい意向あり。
そのような状況の助けもあり、価格を下回れれば即決と先方から言われてます。
A社ご担当は、事業の統括責任者であり、今後継続的な取引も見込めます。
A社は当社の取り扱い商品は、年単位で50億円規模の発注をしています。
(今まですべてE社に発注していた)
今まで、A社には、複数回ご提案しておりますが、初めて価格コンペまで漕ぎつけてます。
タイミングよく、今回は当社を優先で考えていただいてます。
可決承認、よろしくお願いいたします。

ロジカルシンキング講師の海老原がYさんの解答例を詳細に分析。論理的な文章のコツとともに解説します。

2.ロジカルシンキング講師の論理的な文章の読み方

ロジカルシンキングで解答例を添削する上で最初にやることは何でしょう。読み方にもコツがあります。論理的な文章の読み方について解説します。

まずは論理よりも直感で読む

ロジカルシンキング講座では、まず練習問題解答例を受講者に黙読してもらいます。講師からお願いしているのは「頑張らないで読むこと」です。
頑張ってロジカルシンキングを使わない。引っかからずにスッと読めるか。楽に読んでどう感じたかを話してもらいます。論理的に考えるのはその後です。

論理的な文章はわかりやすい

なぜ、はじめは頑張らずに直感的に文章を読むのか。それは論理的な文章とは、相手にとって読みやすく、わかりやすくあるべきだからです。
例えば、良い提案をしても、複雑で読み手にわかりにくい文章では、ビジネス目的を達成できません。

ロジカルシンキングを駆使した論理的な文章とは「読み手に不要な労力を使わせず、意図を誤解させることなく、スッとと読める」ものです。

2.ロジカルシンキング問題解答例の分析

論理的な文章の書き方の観点から、Yさんのロジカルシンキング練習問題解答例を分析します。

2-1.ロジカルシンキング解答例を直感的に読む

まずは、ロジカルシンキング解答例の文章を直感的に頑張らず読みます。全体的に整理され構造はキレイだと思います。一文一文も、丁寧です。

しかし、「論理的には正しそうだが頑張って読む必要がある」と感じたところがありました。
具体的には「状況」の段落の論理的構造を理解するのが少し難しい。
なぜ、そう感じたか。この直感的な違和感を元に論理的に分析します。

2-2.ロジカルシンキング解答例の論理構造を分析

なぜ解答例の文章は直感的に読むと違和感があったのか。文章の論理構造を分析します。

ロジカルシンキング解答例をどのように分析すべきか。ロジカルシンキングで、一般的なフレームワーク、ピラミッドストラクチャーで考えます。

以下、できるだけ原文に近い形でピラミッドストラクチャーを描きます。

ロジカルシンキング解答例の論理構造

ロジカルシンキング解答例の文章は、どんな論理構造になるでしょうか。
論理的に文章構造を考えるには、構造の区切りを判別します。解答例では、「【 】」でくくられた「ご相談」「利益」「納期および製造」「支払い・入金の予定」「状況」の5つの段落に分かれると解釈できます。

ロジカルシンキング解答例分析のために5つの段落を元に論理構造を描いたのが、次の図です。

Yさん解答例ピラミッドストラクチャー
Yさん解答例ピラミッドストラクチャー

2-3.ロジカルシンキング解答例の違和感を探す

まず、論理構造を見ると「バランスが悪い」と感じます。論理的構造を考えたとき、メインの主張である「ご相談」の配下で、「状況」だけ異常にボリュームが多いと感じるでしょう。

私はロジカルシンキングを教えるとき、このような「構造の違和感」を大事にしています。論理的な文章を書くときは、構造的違和感を感じたところをわかりやすく修正できないか考えます。

Yさん解答例ピラミッドストラクチャー2

次に気になるのが、論理構造の「状況」配下です。いくつかのサブ構造に分かれそうです。しかし何個に分かれているかパッと掴みにくい。ここが、論理構造がわかりにくい要因です。

3.ロジカルシンキング問題解答例を修正する

ロジカルシンキング解答例の論理的構造をひもとき違和感を探しました。次は違和感を元に論理構造を改善します。

3-1.ロジカルシンキング解答例の論理構造を改善

先ほどのピラミッドストラクチャーで感じた違和感を修正した論理的な文章構造を考えます。修正した論理構造を元に論理的な文章を書きます。

(修正版)ロジカルシンキング解答例の論理構造

次の図は、ロジカルシンキング解答例の論理構造を修正したものです。違和感を修正してわかりやすい論理的な文章構造を目指します。

Yさん解答例ピラミッドストラクチャー修正版
Yさん解答例ピラミッドストラクチャー改訂版

論理構造を「1.承認して欲しい内容」「2.承認すべき理由」の2つに分けています。それぞれの配下に具体的な承認内容、承認理由が入ります。

ロジカルシンキング解答例を修正した論理構造を見ると、まず直感的にバランスが良くなったと感じないでしょうか。このように、まずは右脳で構造のバランスを考え、左脳を使って整えるのがロジカルシンキングのコツです。

3-2.【修正版】ロジカルシンキング問題解答例

次に修正した論理構造を元にロジカルシンキング解答例を書き直します。

論理構造から文章構造へ

修正した論理構造を段落に直すと、次のような文章構造です。

1.承認して欲しい内容の詳細
 1)利益の条件
 2)納期および製造
 3)支払い・入金の予定

2.承認すべき理由
 1)利益がでるから
 2)E社に勝てるから
 3)今後取引拡大が見込めるから
 4)1社供給体制に組み込む数少ないチャンスだから

さらに論理構造をわかりやすくする

先ほど示した修正版の文章構造で、かなりわかりやすくなりました。しかし、まだ「承認すべき理由が」複雑であることに着目し、さらにわかりやすくします。

4つのうち、「1)利益がでるから」「2)E社に勝てるから」が、もっともシンプルな理由です。私だったら、まずこの2つの理由だけで、根拠として納得感があるかをチェックします。納得感があるかは商談状況次第です。

最初の2つの理由で根拠が不十分な場合だけ「3)今後取引拡大が見込めるから」「4)1社供給体制に組み込む数少ないチャンスだから」の2つの理由を加えます。

まとめ

ロジカルシンキング解答例を論理的に分析し、わかりやすく修正する手順をまとめます。

1.ロジカルシンキングを封印し直感で文章を読み違和感を探す
2.論理を構造化。違和感をロジカルシンキングで分析
3.わかりやすい論理的文章構造に修正
4.修正した論理的文章構造を元に文章を書く


(文責:プロジェクトファシリテーター、ロジカルシンキング講師 海老原 一司)


■ロジカルシンキング研修関連記事まとめ

ロジカルシンキング研修の関連記事です。